サルに生まれたオンナの日常。

人生ってすばらしい。

雪と穴(アナ)の女王⁈ 反対にしてはいけない言葉たち。

先週、アナと雪の女王がテレビで初公開されましたね。

 

アナと雪の女王 (吹替版)

アナと雪の女王 (吹替版)

 

これが公開されたとき、旦那さんとなかよく映画館に見に行きました。懐かしいなぁ、ビデオにでも撮っとこと録画予約していたところ、彼がリビングにやってきて、明るくこう言いました。

 

「 あ、撮ってるん?雪と穴(アナ)の女王」

 

「アナと雪の女王やろ!穴の女王になってるやん!」とすかさず返してやりました。トホホ。キレイな思い出はカンタンに笑い話になったとさ。

 

と、ここで終わりにしてはいけません。

 

言葉は、こうやって、いともカンタンに反対にされてしまうのです。けれど、反対にしてしまったら、伝わるものも伝わらない。反対にしてはいけない言葉たち、まとめてみました。

 

あいさつ

「おはよう、今日は寒いね」

「今日は寒いね、おはよう」

上の方が明るい。下は寒さが強調されてヤダ。寒がりだから余計に。あいさつは、最初に。

 

あやまり

「ごめんなさい、お菓子食べました」

「お菓子食べました、ごめんなさい」

これもあいさつと同じ。先にごめんなさい、て言われたほうが、え、なになに?って許す気になれそう。お菓子食べましたが先にくると、なんだって⁈と先に怒りに火がつく。

 

すきの気持ち

「だいすき、結婚しよう」

「結婚しよう、だいすき」

下の言い方する人いないよね。なぜ?大好きがとってつけたみたいになるし。

 

おねがいごと 

「高いんだよねぇ、春だから財布ほしいんだけど」

「春だから財布ほしいんだけど、高いんだよねぇ」

高いを強調して、買ってやろうかを促す。しかし、これには雰囲気作りやテクニックも必要。

 

ありがとう

 「ありがとう、冷蔵庫の中、片付けてくれたんやね」

「冷蔵庫の中、片付けてくれたんやね、ありがとう」

 これはあきらかに上の方が気持ちが良い。

 

 

つまり、言葉は伝えたいことを先に言うべきです。人も第一印象、言葉もはじめが肝心。最初の一言で会話の雰囲気は決まってしまいます。

 

今日は飲み会で帰りが遅い旦那さん。帰ってきたら、おかえりなさいの後にこう言おう。

 

「またいっしょに見ようよ、アナと雪の女王!」