サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

【京都】行きたいところに行けた話。

春はそこまで来ているようですが。

f:id:kinandun:20170217205040j:image

暖かい風が、とか天気予報で言ってるけど、その直後、週末にはドドっと寒気がくるんだってよ。期待させんなよ、バッキャロー、、、

 

そう、寒いのキライです。大キライです。家の中にいても手足が冷たいのに、なぜ寒い外に出らなあかんのじゃー、と寒い日の外出をいつもうらめしく感じています。

 

そんな冬なのに、どうしても行きたいところができてしまいました。京都のとある神社です。有名なところではないのですが、たまたま本でみた瞬間、行きたい!!と思いました。

 

場所をすぐにググったところ、けっこう北の方、、、。寒いやん。無理やん。春まで諦めよう。諦めよう、諦めよう、諦めよう。

 

 

 

二週間後。やっぱり諦めきれん!と決めた、その翌週、つまり昨日と今日、四月並みの暖かさがくると!やった、やりました!暖かいなら、生後4ヶ月の娘も連れて行けるかもしれない。

 

ついにきた。明日だ。大丈夫かな。片道1時間。娘はおとなしくしてくれるだろうか。途中で泣き出しても休憩できるところはない。でも行きたい。このチャンスしかない。

 

「ただいまー」夫が帰宅。「いきなりなんやけど、有休とることにしたわ。確定申告の準備したいし」「あ、そうなんや…」「なんか、まずかった?」「いや、そうやないけど…」休みなら、娘を見てて欲しいと理由を告げると、「いっしょに行こうよ、車で連れていってあげるよ」と。

 

 

やったーーーーー!!!なんてタイミング。電車で行ってもちょっと不便なところ。車で娘も連れて行けるんなら、こんな安心なことない。

 

 

 

というわけで、今日行ってきました。雨が降っていたので、娘と旦那さんは近くの駐車場で待機してもらい、わたしだけ行ってきました。

 

お参りしたら、なんだかスーッと気持ちが晴れていく感じがしました。引き寄せられていたような不思議さと、連れて行ってくれた旦那さんと、機嫌よくしてくれていた娘へのありがたみを感じています。

 

なんだかホワワワーン。

フシギな話。