サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

【産後12日】お母さんがお母さんを助けてくれる。

智子が産まれて12日目、10月22日。

f:id:kinandun:20161022220308j:image

産後の母は、母の助けを借りてすこしずつ快復してきました。母に言わせれば、この4日間くらいは亡霊のようでした。

 

実家での動線は、ほぼリビング、和室、たまにトイレ。その距離にして10メートルをぼーっと立ち、ゆっくり歩き、抱っこし、寝て、、、。

 

母の助けがなければ、娘を抱っこしたままフラーっと倒れていたかもしれません。哺乳瓶を持ちながら、ウトウト。3時間おきにムスメに呼ばれ、体を起こすとなんか胃が痛い。腰がぐらつく。

 

退院して数日は別室で寝ていた母も、そんなわたしを見かねて、隣で寝てくれるようになりました。深夜の授乳や寝かしつけも、さすが3人の子育てをした母。わたしよりウマイ。もしやお母さんを間違っているのでは?と嫉妬するほど。

 

もうイヤだ、疲れた、わたしがお母さんなのに何にもできない、と起き上がれないカラダで得意の自己嫌悪になりながら、眠りに落ちていました。

 

いつ寝ているのかと思うほど、母は、洗濯、そうじ、ごはんの支度はもちろん、授乳も交互に代わってくれました。「赤ちゃんも大事やけど、あんたのカラダも大事やけんね」と言って。

 

そのおかげで、だいぶカラダがラクになりました。そうなると、ココロも変わる。フシギなもんで。てこずっていた母乳も、まだまだヘタクソな寝かしつけも、わたしがお母さんだから!と笑いながらやれるようになりました。

 

ネットを見れば、みんな同じようにてこずってる。夜寝ない、授乳のペースがバラバラ、母乳がうまく飲ませられない。そんなの当たり前。赤ちゃんが思うようになってくれたら、子育ては大変なんて、誰も言わないし。

 

まだまだムリは禁物だけど、わたしと智子と、わたしの母の子育てで、今はきついけど、1年後には笑い話になるエピソードをたくさんためておこうと思います。

 

母がキッチンで哺乳瓶を煮沸しながら言いました。「ともちゃん、結婚式には呼んでね」

 

つい最近まで、長生きなんてしなくていいと言っていた母。智子はおばあちゃんに生きるパワーを与えてくれたようです。

 

赤ちゃんだろうが、母だろうが、おばあちゃんだろうが、人は持ちつ持たれつ。助け合いながら生きていきましょう。

 

 

note
https://note.mu/kinandun
書きたいままに。つらっつらと日々。

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。

#妊娠 #出産 #結婚 #婚活 #子育て #育児 #京都 #福岡 #博多 #産後 #新生児 #里帰