サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

ハッピーエンドじゃなきゃ報われない 【本】模倣犯

産休中です。37週に突入しました。テレビか本かネットで過ごしています。今日は 宮部みゆきさんの「模倣犯」二夜連続ドラマを録画で見ました。

 

 

率直な感想↓

ハッピーエンドじゃなきゃ、人は報われないのかなぁ、ていうなんとも言えない感情。

 

今回の主人公は、売れない四十路の女性ライター。結婚を機に夢はあきらめたはずなのに、凶悪犯罪の真相をあばくことにのめり込んでいく。夫と離婚の危機になりながらも最後には真犯人をつきとめる。夫も戻ってくる。

 

わたしたちは、こんな物語がだいすき。くじけそうになる主人公が必死で問題に立ち向かう。心が折れそうになっても、一人ぼっちになってもあきらめない。そして、最後には……パチパチパチパチ。悪は倒される。正義は勝つ。

 

書くことを仕事にしたいわたし。でも自分の意見を公開しすぎることにはリスクがある。主人公の中谷美紀さんが「書きたい!真実をつきとめたい!被害者のために!」とがんばるほど、夫の気持ちが離れていって、「君の生き方にもうついていけない」て言われたところで「やっぱりな」て思った。やっぱりそうなるんだよ。突き詰めようとするとさ。

 

今は逃げ腰のわたしが顔を出しています。

 

そんなリスクは大物になってから言えよ、て感じですが、突き抜けること=家族をギセイにすることっていう図式があるんだよね、アタマの中に。

 

その図式はおいといて、別の答えを持ってこれるのは、今回の話で言えば真犯人を逮捕させること、つまりハッピーエンド。傷つけて傷つけられたりもしたけれど、このためにがんばっていたんだよね、て価値ある傷あとにしないと報われない=世の中は認めてくれないんだ、て感じた。

 

ハッピーエンドといっても読者にとってのハッピーエンドであって、被害者は事件をハッピーだとは思えないワケだし、主人公だって夫とよりを戻せたかどうかまでは書かれていない。そもそも事件に手を出したことが良かったのかどうか…。

 

けれど、モヤモヤしてるくらいならやった方がいいし、残された家族が生き続けるのは負けたくないからだと思う。

 

やるなら最後までやれよ、人生は自分でハッピーエンドにするしかないんだ、覚悟を示せと言われた気がしました。

 

感想、おわり。

おやすみなさい。

 

 

 

模倣犯〈上〉

模倣犯〈上〉

 
模倣犯〈下〉

模倣犯〈下〉

 
模倣犯 上下2冊セット

模倣犯 上下2冊セット

 

 

 

note
https://note.mu/kinandun
旦那はんと娘はんのオハナシ

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。

 #妊娠 #出産 #結婚 #婚活 #子育て #育児 #京都 #福岡 #博多 #宮部みゆき #模倣犯 #仕事 #覚悟 #ライター