サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

歩こう♪歩こう♪わたしは元気♪

f:id:kinandun:20160913204542j:image

ベビーシューズを手作りしてます。まだ途中だけど。

 

 ↓昨日の記事が好評でした。ありがとうございます。思いきってずっと言えなかったことを書いてみたら、思わぬ反響でうれしいです。

 

ベビーシューズの材料を買いに行こう!

今日の福岡は晴れ。明日から雨らしいので母と11時からさんぽに出かけました。お目当は、赤ちゃんの靴を作るため、布屋さんへ。

 

のはずが!いつもならたどり着くまでに15分なのに1時間以上かかった。そのわけは…商店街の入り口までバスに乗った。バス停を降りると神社があったのでちょっとお参り、お買い得のふとんやさんでちょっとお買い得を物色、休憩でちょっとアイスクリーム屋へ。

 

女同士のさんぽなんて、こんなもんよね。

 

わたしも娘も、母も申年生まれ。じぶんが育てられたように子どもも…。

わたしも娘とこんなことするのかな。娘がいつ結婚するかわからないし、結婚するかどうかもわからないけれど、今わたしは35歳。娘が30で結婚したとしても65歳。今の母と5歳違い。まだ間に合うか。

 

と、ここまで考えて、やっぱりじぶんがされてきたように子どもにもしてあげたいんだなーと。

 

自分が育ってきた環境を「正」として、それ以外は…となりがち。あかん、あかん。それは家族を苦しめちゃうぞ。

 

 

さて、ベビーシューズ。

やっとこさ、布屋さんにたどり着いたものの、お目当のものがない。簡単に作れるキットを探してた。よだれかけや、布製おもちゃのならあるのに。

 

母に「これでいいやん」て言われても「いやだ、わたしは靴が作りたいと!」て、なぜか猛反発。「すごい執念やね」と呆れられる。

 

なぜこんなにこだわってるのか自分でもよくわからん。でも、こだわりたい。晩ごはんの材料も買って家に帰ったのは14時。妊婦なのによーく歩いたわ。そのまま横にもならずにあらためてネット検索。これならできそう、てのが出てきた!よし!

 

というわけで、途中まで完成。

f:id:kinandun:20160913231618j:image

 

歩こう、歩こう、どこまでも。

「なんでそんなにこだわるん?フシギやね」と母に言われ、「わからんよ、でも後から、あーあのときこだわってたのは、こーゆーことやったんか、て思うときがくるかもよ」て答えた。

 

「なるほどね」と母。「マラソン選手になるとか、足が早いとか」「はやく歩けるようになるとか」「ひとり立ちできるとか」

 

そうね、わたしたちもまだ人生を歩いている途中。ありがたいことに親も生きていて、時には助けてくれる。思ってもみない不安や悩みにぶち当たることもあるけれど、生きてさえいれば、先に進んでるわけで、後から「あのときはつらかったかけどねぇ」て清算できるときもくる。

 

だから、わたしはこの子のはじめて履く靴を作ってる!と勝手に締めくくりに持っていく。

 

 

誰しも期待されて産まれてきた。

産まれてくる赤ちゃんには、たのしく生きて欲しい。できれば、あんまり悩まずにたのしく。

 

はじめて感じる親心。

 

いろーんな人が、いろーんな期待を持って、その子は生まれてきた。だから、わたしもそうなんだ。みんな、そうなんだ。今はそう感じられない人も、産まれてくる前はきっとそうだったと信じて欲しい。

 

わたしは、人に希望を与える価値のある人間だ。

 

本にそう書いてあっても今までピンとこなかった。やっと実感がわいてきてる。

 

産まれてきただけで価値がある。

それだけ。

 

 

 

 

note
https://note.mu/kinandun
旦那はんと娘はんのオハナシ

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。

 

 

 

 #妊娠 #出産 #結婚 #婚活 #子育て #育児 #京都 #福岡 #博多 #ベビー#ベビーシューズ #手作り #コーチング #仕事 #散歩 #歩く #靴 #産まれる #トトロ