読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド It is Wonderland every day

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたりする。それがわたしの不思議の国。if you change your perspective slightly, sometimes it makes you laugh. That is your wonderland.

「突き抜けた幸せってなんだろう」と七夕の日に夫が言った話。

こんばんは。今日はひさしぶりに夫のことを書きます。あ、七夕ですね。

f:id:kinandun:20160707230612j:image

 夕飯を食べながらテレビを見ていた。ぐるナイの「ゴチバトル」高級料理の値段を予想しながら設定金額にもっとも近い人から勝ち抜け。最後に残った人が全員分の料金を自腹。

 

ふだんはNHKニュースを好む夫。はやく帰ってきたので、たまたまこのテレビをが付いていた。チャンネルを変えない夫をめずらしいなぁと思いながらもバラエティが好きなわたしは何も言わなかった。

 

今日のバトル場所は、高級中華料理店。伊勢海老、フカヒレ、高級そうめんなんてものも出てきて、デビ夫人がギラギラの宝石をつけた手で、キラキラ光るスープを飲んでいた。

 

それを見ながら夫が言った。「つきぬけるってどーゆーことやろ」「え?」「これさえあれば何もいらない幸せってなんなんやろなぁ」と。え、今はつきぬけてないってこと?わたしはそのまま口にした。「うん」と返事。

 

へぇーそうなんや。赤ちゃんがもうすぐ産まれる今の状況は夫にとって「これだ!」と感じる幸せではないんだな、とザンネンに思いながらも「高級料理食べてるからそう思ったの?」と聞くと「うん」と。

 

夫が言いたいのはたぶんこう。高級料理を食べることに大金をはたいて幸せを感じる人。大きな家を買う人。海外旅行に行く人。テレビはあなたの幸せもそこにあるんですよ、とあおる。

 

しかし、じぶんもそうなのだろうか。ひと皿3400円のチャーハンはかならずおいしい。けれどじぶんは今それを求めてはいない。ぼくにとっての「キターー!!」はなんだろうと探してる。

 

最近、わたしが読んでる本とテーマが似てる。「いい人生ってなに?」【本】正解のない人生 〜悩みどころと逃げどころ〜 - まいにちワンダーランド

 

だからその話をしてみたけど、ピンときてるようないないような。わたしたちはやっぱり、どうすればじぶんが満足するのか真剣に考えたり、あがいたりしてこなかったのだ。だから自由になる時間、お金ができた今、あらためて「これはほんとうに目指してきた幸せなのか」と感じてしまう。

 

夫にそんな気持ちがあるなんて正直びっくりした。今の生き方に100%満足を感じてないのはわたしだけだと思っていたから。だからと言ってわたしたち夫婦は幸せじゃないなんてことではないんだけど。夫のひと言でこのテーマをもっと深めていきたいと思った。

 

夕飯後、夫にも短冊を書いてもらった。わたしの願いごとはみせずに。

f:id:kinandun:20160707232154j:image

うまい。七夕っぽいね。こーゆーのはわたしがうまいはずなんだけど今日は負けを認めます。

 

 

テレビから流れてくる他人の幸せとわたしたちの幸せをいっしょに考えないようにしたいな。ひこ星さんとおり姫さんはどんなお話をしているのでしょう。

 

 

note
https://note.mu/kinandun
エッセイと川柳的なのとイラスト

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。