サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

変わるもの、変わらないもの。それを確かめあえるのが友だち。

会うのは約2年ぶり。

付き合いから数えたら13年越しの友人が東京から京都に来てくれました。

f:id:kinandun:20160626233321j:image

 

就職、転職、結婚など人生の節目は同じ道をたどってきたけれど、まったく同じ道だったわけでは当然なくて。

 

けれど、なんとなく考えてることは似てる部分もあって。

 

学生時代の友人とひさしぶりに会うメリットは、昔のじぶんと今のじぶんの何が同じで、何がちがうのか確かめられること。

 

変わることを良しとするわたしにとっては、このブログの中のわたしと昔のわたしにはどうやらギャップがあるらしい。

 

単純にうれしかった。他の友達にもそんなこと言われたなぁ。書くことは、わたしにとってじぶんを表現することで、今まで出したいのにだせてなかったじぶんのような気がしている。

 

だから、ここに書いているわたしが本質のわたしなのかもしれないなー、と今考えている。

 

今週の石井ゆかりさんの占いは、「今週受け取ったメッセージはじわじわと効いてくる」的なことが書かれていた。

 

しかもそのメッセージは、わたしのためを思って放たれたものだと。今週はふたつのメッセージを受け取った。

 

ひとつは、さっきの友人の言葉。

昔から知っているわたしとブログに出てくるわたしにギャップがある。

 

もうひとつは昨日のコーチングで。

わたしからは、どんな状況にあっても、そこから何かをつかみとってやる気合いが感じられる。

 

どっちもすごぉくうれしくて。

ずーっと考えてる。

 

人はもちろん年をとっていくし、それだけでも変化してると言える。けれど、変わりながらも変わりたくない、と思っているじぶんの軸みたいなものはかならずある。

 

それは変わり続けようとすることなんだろうなぁ、とトンチみたいな言いまわしになったけど。

 

そんなことを思える日でした。

わざわざ会いに来てくれてありがとう。

 

 

 

 

note
https://note.mu/kinandun
エッセイと川柳的なのとイラスト

ブログ
http://kinandun.hatenablog.com/
まいにちワンダーランド

Instagram
https://instagram.com/ami_kinandun/
おべんと、とかとか。