読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある申女の日々。食べる、寝る、書く、ときどきグチる。

申年です。娘も申年です。母も申年です。三申は縁起がいいですね。見ざる言わざる聞かざるなんてできませんけど。あ、書かざるもできません。

【映画】海街ダイアリー フツーに一生懸命生きる。

夫が遅くなるというので、ひとりめし。
f:id:kinandun:20160524140313j:image


いなと言われるとさみしーけど、
数時間後には帰ってくる旦那はんを待つこの時間もすき。いつもなぜかしあわせを感じるなぁ。あ、自由でキママだからか。

お風呂も済ませ、午後から21時。
テレビもあんまり興味ないしなー。おっと、こないだ撮り溜めてた映画がありました。
f:id:kinandun:20160524134718j:image

映画『海街diary』公式サイト | 大ヒット上映中


2時間半。ながいなー、持つかなーと思いながら見始めた。起承転結もない。クライマックスもない。ただただ、母親の違う四姉妹の日常。それなのに。


惹きつけられる。お姉ちゃんの気持ち、わかる。末っ子の気持ち、想像する。お父さんをイメージする。次女の恋愛に、昔のわたしを思い出す。あんなお母さんにはならないと、誓う。


登場人物の心境にこれまでのわたし、これからのわたし、もしかしたら今のわたしが映っている。海辺をゆっくりと遠ざかっていく4人のよこにエンドロール。


急におなかがいたくなる。トイレにかけこむ。トイレに行きたい衝動もなくなるほど。トイレでも回想する。末っ子の恋愛に結末はなかった。長女だって、次女だって、三女なんて特にどんな人が好きなのかもわからずに終わった。


季節は3回巡ってきた。それなのに姉妹は何も変わらなかった。見た目には。


わたしはここ数年で大きく変わった。よかった、て思う。すごい、て言われる。これからも、て思ってる。


けれど。もしかしたら変わろう、変わろうとし過ぎなのかもしれない。フェイスブックツイッターで大きな反響を呼んをもらおうとし過ぎなのかもしれない。


見た目には変わらなくても、心はいつだって波打ってる。迷いながら、愛しながら、上を向きながら、フツーに一生懸命生きるってそれだけで誰かを支えてるんだな。


そう思わせてくれる映画。


23時30分。洗濯物干してたら旦那さんがどす黒い顔をして帰ってきた。この1週間は地獄なんだそう。


おかえり、人気者はつらいね。ただいま、人気者じゃないよ、キツイよ、帰ってお魚食べようと思ってたのに。


遅くならなければ、晩ごはんは焼き魚の予定だった。そんなフツーのごはんでも楽しみにしてくれてるんだね。フツーを喜んでくれる夫に感謝します。




note

https://note.mu/kinandun

エッセイと川柳的なのとイラスト


ブログ

http://kinandun.hatenablog.com/

まいにちワンダーランド


Instagram 

https://instagram.com/ami_kinandun/ 

おべんと、とかとか。