サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

ホントの気持ちってナニ?どうして言えないの?

昨日の夕方、阪急電車がとまってた。18時頃に事故があったそうで復旧は19時30分頃になるとのアナウンス。

「30分あれば帰れるな」改札も通り抜けられないほどの人混みから離れ、地下鉄に向かった。帰りの電車に乗ったらいつも夫にメールする。

今日は「阪急とまってますう  今から京都駅に向かいますう」とちょっとかわいめに。京都駅近くで仕事してる夫に「いっしょに帰れま10かな?」て送った。いっしょに帰りたいって意味。せっかく近くまできたんだから。でもいつもの夫の帰宅時間より約1時間はやい。

2分で返事がきた「もう少ししたら帰れま10します!」やりぃ!かわいらしく送ったのがよかったかしら。「せっかくなのでデパ地下で買物してます」と返信。

10分後には京都駅に着いた。気分はすこし浮き足立ってる。いつもとちがう気分。残業続きの彼には、こんなことでもないとね。なんて突然の誘いにもプラス思考。欲を言えば外食して帰りたいけど、おうちごはんが好きな夫だからデパ地下でお惣菜でも買おっと。さてさて。


20分経過。
洋服を見るのも飽きたぞ。

40分経過。
買物終わっちゃったぞ。

連絡こない。ハンドクリーム欲しかったし、雑貨屋に寄ってみよう。1時間経過。

「お仕事になっちゃったかな?先に帰ってたほうがいい?」「帰っててててててーーー」


なんやそれー!


ゆっくりと改札を抜け、電車を一本遅らせて乗った。その瞬間、「今から帰ります」


なんやそれーー!!


30分後自宅到着。着替える。乾燥機をかける。ごはんの準備をする。いつもといっしょやん。ザンネンな気持ちはぜったいに出さないぞと誓いながら、乾燥機のボタンを押した。

夫帰宅。「おかえりー」明るい声で。「今日は災難やったね」いつもの返事。


なんやそれーー!!!

ごめんじゃないのか。「予定通りなの?これ」やっぱり言ってしまった。「あのメールだともっと早いかと思ってた」「あー、そうとったかぁ。いや、意外に遅くなったからもう先に帰ってると思ってた」「そんな、何も言わずに帰るわけないやん」「ごめんごめん」


と、こんなやりとりがありました。


ケンカするつもりじゃないし、そもそも予定にもないのに急に帰らせようとしたんだから。「怒らないでー」と後ろからちょっかいを出してくる夫に「だって、いっしょに帰りたかったんだもん」と振り向きざまに、すねた顔で言ってみた。




空気が変わった。

「あー、そうやったんやー。ぼくはそう思ってくれてるだけでうれしいよ」え、いつも思ってるよ。伝わってないの?デパ地下でいっしょに選びたかったし、重い荷物を分け合いながら電車に乗りたかったし、駅から自宅までの道をずっと話しながら帰りたかった。

そう言えばよかったんや。

ねぇ、どおして。
ただ伝えたいだけなのに、うまく言えないんだろ。

ホンマやね。夫婦になっても、何年たっても、こんなことってあるんだろね。


LOVE LOVE LOVE

LOVE LOVE LOVE



note
エッセイと川柳的なのとイラスト

ブログ
まいにちワンダーランド

おべんと、とかとか。