読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド It is Wonderland every day

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたりする。それがわたしの不思議の国。if you change your perspective slightly, sometimes it makes you laugh. That is your wonderland.

継続は。

継続は力なり。

f:id:kinandun:20160320085941j:image

もちろん、そう。
ん?もちろん?続けたらどんないいことがある?先が見える?
つらいことにも耐えたじぶんに自信が持てる?

最近ブログを更新していない。
理由はわかってる。あの日から。だからまた再開できる日がくるかなーなんて、見た目はのんきに内心はそわそわ罪悪感とともに過ごしてた。

たまにカンタンな料理ブログなんかを更新したら「なんだ、できるじゃん。なまってない」なんて言い訳してた。


最近読み始めた本。

過剰な二人

過剰な二人



その一節。
金、人気、名誉、結婚……林さんが、自分の望むものをどんどん手にしていったこと。これは構わない。
しかし、何を得ても、心の奥底には、やはり飢えがあるはずだ。そこに焦点を合わせ、掘り下げてゆくからこそ、林さんの文学は光輝くのだ。
林さんは、幸福に安住し始めているように僕には思えた。それでは、林さんの文学は、生きたものにはならない。

書くという行為は、とても体力がいる。なぜなら、じぶんといつも向き合っているから。だから、書き終えたときの爽快感がハンパない。

向き終えた後の爽快感のための力。それが飢えだ。飢えを掘り下げて、少しだけ理解したり、前向きになれたり、自分の中に落とし込むこと。

書く力って、飢えからくるんだ。

たしかに、今のわたしは幸福。
飢えて飢えて、欲しかったものがこの中にある。その瞬間から書くペースがガクッと落ちた。だからこのフレーズがふに落ちた。

それを旦那さんに話した。

「わたし、いま、幸せなんだよ。満足してる。だから書けない」

喜んでくれると思った。いつも何かに不満で、満たされないわたしはキライかな、と思っていたから。すると、意外な答え。

「それはあかんよー。少しずつでも書き続けなきゃ。今はつたないことしか書けんかもしれんし、後から見返したら、なんであんなこと書いてたんやーって思うかもしれんけど」

「うん」

「あみちんの文章をたのしみに待ってる人がおるんやから。いまとまったら、みんな離れていってしまうよ」

「うん、わかった」


この人はわたしの編集者か?!
林さんのよき理解者が見城さんだったように、ときに優しく、ときに厳しく、いちばん欲しい言葉をくれる人。

なんてすばらしいんでしょう。

継続は力なりかどうかなんて、考えるのがバカタレや。それは死ぬときにわかること。

さて、今日から再開します。
みなさん、よろしくお願いします♡


近くにいる誰かに、
気持ちを打ち明ける。

それって、やっぱいいことだ。
みなさんもお試しあれ〜♡



note
エッセイと川柳的なのとイラスト

ブログ
まいにちワンダーランド

おべんと、とかとか。