サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

だれもいない家に帰るときは、足どりがゆっくりになると気づいた日。

こんにちは。
今日はお休みなので、更新時間がこんなです。

昨日の晩ごはん。
f:id:kinandun:20160218104351j:image

主人が飲み会だというので、お総菜を買って帰った。電車のホームを歩きながら気づいた。

「なんか、帰りたくない」

「帰ってもなにもすることない」

晩ごはんを作るために、5分でも10分でも早く帰ろうと、いそいそ小走りになるわたしはいなかった。

ふしぎ。

「ごはん作らなくていいからラッキー」

「旦那さんのキライなエビ買っちゃお、むふ」

って思ってたはずなのに。


帰って、スマホでだらだらして、おふろに入って、テレビを見ながら好きなものを食べる。なんて幸せな時間。

でも、ただ過ぎていく。


「疲れたー」

「はやく寝ようよー」


という相手がいない。



テレビを消したら眠くなった。寝よ。


ふとんをセットする。
入ろうとした頃にスマホが鳴る。タイミング、いいよねー。もうベッドに入ってることを伝えたら、先に寝てていいよ、て。

あと30分で帰ってくる旦那さんを待てないなんて、の気持ちは睡魔さんには勝てず、電気をつけたままウトウト。

チャンチャン!!チャンチャン!!!

びくっ。スマホが鳴ってる。電話だ。


「もしもしー」

「あ、もしもしー、ごめーん、玄関あけてー」

しまった。チェーンかけてた。寒い玄関にでていく。眠気も覚めた。


22時40分。今日は早いね。

ベッドの横でスーツを脱ぐ旦那さんから、今日のハイライトを聞く。へー、ふーん、それないやろ!!いつもの会話。5分、2、3分かな。

「はい、もうねるね」

わたしから切り上げる。

「わかった」

名残惜しそうに部屋を出て行く旦那さん。

わたしは本を読み始める。いつもなら数ページで眠くなるのに。急に起こされたから睡魔さんどっかに行っちゃった。

30分経過。

ガチャ。ドアが開く。振り返らなくても誰かわかってる。

「まだ寝ないのー」

「うん、眠れない」

うれしそうに彼がベッドの側に膝をついて、いろいろ話す。今度は10分くらい話したかな。

24時。結局、いつもの時間やん。

「さ、そろそろおふろ入りなさい」

「はーい、おやすみー」

彼が出て行く。
しばらく寝付けそうになかったけど、とにかく電気を消す。

ふとんの中で考えた。

これがわたしの生活なんだな。


おしまい。