サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

何にもない休日に、夫婦の幸せを見つける日。



10時起床→

ふとんのなかでゴロゴロ→

夫の寝顔動画をスマホで撮影→ 

11時そろそろ起き上がろうとした頃に、
夫起床→

ふとんの中で会話

「今日何するー?天気よさそうやん」
「そうやなー」
「まだ眠そうやね。」
「せやなー」
「おなかすいたね。そいえば、さっきこんなの撮ったよ」
「なんやこれ!」
「むふふ」


13時。
「おなかすいたー。ラーメン食べよう」
「おっ、ラーメンかぁ、いいね」
f:id:kinandun:20160211232356j:image
夫が作る。
「具は何入れるー?」
「なんもないよー。あ、ねぎとごまがある」
「かまぼこが冷蔵庫にあったよ」
「おべんとの材料やけど、ま、いっか。
あ、高菜もあるよ」
「うーん、少しずつ食べる」
夫はあたらしい食べものが苦手。
f:id:kinandun:20160211232547j:image
「ラーメンおいしいね!」
「うん、おいしい」


14時。
「なんか漫才みたくなったー」
「ビデオ撮ってたのあるやん」
「つけて」
「わかった」
トレンディエンジェル、この頃からおもしろかったんやね。でもやっぱ博多華丸大吉やなぁ」


14時20分
「眠くなってきた」
「ちょっとだけ昼寝していい?」
「いいよ」
「ごめんね、10分だけね」







17時30分
ガラガラ。リビングの扉を開ける。
「ごめーん、めっちゃ寝ちゃった」
「ううん」
夫も寝てた。
テレビをつける。


18時30分
後ろで寝返りを打つ夫にふとんをかける。
ゴロン。
「なんか肩が痛いなぁ」
「もんであげよか」
「うん、ありがと」

年末に撮りだめた「所さんの笑ってこらえて」を見ながら。村人たちにイチイチ笑える。寝ている夫も声だけ聞いて笑う。


19時15分
「う、ありがと!だいぶラクになったわ」
「ほんと?大丈夫?おなかすいた」
「そやな、ちょっとその前に買物行ってくるわ」
「え、なに買うの」
「ティッシュとか牛乳とか」
「そか、ならごはんの準備しとくね」


20時30分
「ただいまー」
「おかえりー」
「遅くなってごめんねー」
「いいよー、ごはん食べるー?」
「うん、食べる」

f:id:kinandun:20160211233546j:image

「このさんまおいしいね」
「こないだ、八百一で買った北海道産のだよ。
油めっちゃのってたもん」
f:id:kinandun:20160212001149j:image
夫が骨をピリピリっと上手にとる。
「わたしのもとってー」
「えー、じぶんで取れないのー」
「うん」
「ほら」
「ありがと」

f:id:kinandun:20160212001136j:image

「このごま豆腐おいしい!」
「これもそんとき買ったよ。長崎のだって」
f:id:kinandun:20160211233835j:image
f:id:kinandun:20160211233906j:image
f:id:kinandun:20160211233812j:image
f:id:kinandun:20160211233927j:image




22時
「さ、おふろ入ろか」
「そやね」


23時30分
「あとは洗濯物だけやな」
「うん、そやね。
今日はゆっくりできた。ありがとう。」
「うん、ぼくも。ありがとう」


おやすみなさい。




note
エッセイと川柳的なのとイラスト

ブログ
まいにちワンダーランド


おべんと、とかとか。