読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド It is Wonderland every day

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたりする。それがわたしの不思議の国。if you change your perspective slightly, sometimes it makes you laugh. That is your wonderland.

買いたいものにさらに追加しちゃったぞ 〜ユニクロ編〜

こんにちは。昨日の続きです。買いたいものを売ってほしいな。 〜主人のスーツ編〜 - まいにちワンダーランド


行きつけって、そゆことね。

お目立てのスーツに巡り会えなかったわたしたちは、いつものお店に行きました。店内をフラフラ〜としていると即発見!
f:id:kinandun:20151227144839j:image
いいじゃな〜い。さっきのお店よりも種類が多いね。12種類の形があるそう。客層を見極めてお店を選ぶのは重要だね。店員さんも気さくだし。ぐいぐいも引きすぎもなく、聞きたいことを教えてくれる。即購入しました。新年は新スーツで!
f:id:kinandun:20151227145134j:image
こんなのもあるそうです。旦那さんをダンディにするために、オーダーメイドやっちゃう⁇くせになるかもね。


お次はユニクロ

服の下に着るあったかいシャツが欲しいと旦那さんが言ってたので、そのままユニクロに行きました。年末とあってお客さんもたくさん。ヒートテックコーナーには、おばちゃん、子ども、若い人、まさに老若男女ですよ。

さてさて、わたしたちが欲しいものはあるかな。「極暖コーナー」おお!なんかCMでみたぞ。今なら1790円が1290円だって。白と黒のVネック探そう。黒はあった。白がない!「すみませーん、これの白ありますか?」お兄さんに聞く。「はい、こちらですね。少々お待ちください」と言ってるのに、お兄さんはそこから立ち去らず、ポケットからスマホを取り出す。え?どゆこと?あー、スマホに在庫状況が入ってるんだ、さすがユニクロ!「ちょっと見てきますね」と立ち去り、2分くらいで戻ったきたお兄さん。「申し訳ありません…」えー、期待したのにな、ま、しょうがないか。Vよりも丸首の方があったかいし、どっちも丸首にしよう!とカゴに入れる。


わたしもユニクロ欲しい。

なんだか、わたしも欲しくなってきたぞ。グレーがいいな。あーれー、サイズがないー。やっぱみんな考えることはいっしょね。「すみまーせん、このサイズもうないですか?」今度はお姉さんに。「少々お待ちください」今度はすぐ側にあったパソコンで調べてもらう。「申し訳ありません」んー。ま、しょうがない。これとこれにしよう。夫婦でおそろの「極暖」買いました。
f:id:kinandun:20151227163121j:image


あれ、欲しいと思ってなかったのに買ってる。

そいえば、旦那さんはVネックが欲しかったのに丸首。わたしはグレーが欲しかったのにブルー。それでも、満足してる。買えてよかった、よかったって思ってる。なんで?値段ももちろんある。けれど、お兄さんとお姉さんがすぐに探してくれて、それでもなくて、でもこんなに人がいるんだからしょうがないかって思えて、他の種類でも価値があるって思って、手に入れた。

今回はお兄さんとお姉さんの対応の勝利です。あれだけ人がいるんだから、私たちと同じ質問をしてる人だっていたはず。もしかしたら、ないってわかってるけど、あえて「少々お待ちください」て言ったのでは?あの時、すかさず「あー、もうないですね」て即答されてたら買わなかったかも。人の気持ちって、そんなもんだよね。

安いから価値があるものではなく、安くて価値があるもの。ユニクロさんは接客でお客さんの心を変えてるのかな、と思いました。

ありがとう!さぁ、お次はどこだ?
買い物ブログ、つづきまーす。