読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド It is Wonderland every day

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたりする。それがわたしの不思議の国。if you change your perspective slightly, sometimes it makes you laugh. That is your wonderland.

【考えた】人生のかけひき 〜取り忘れた洗濯タグ〜

「コートに洗濯のタグ付いてますよ」

朝の通勤時間。
行き交う人でごったがえす駅。後ろから突然声をかけられた。びくっと声のする右横を振り返ると50代くらいの男性。わたしにだけわかる声でそっと告げて、そのまま目線を合わせずスーッと人混みのなかに紛れていった。

え、え?男性を目で追いながらも、クリーニングのビニールから今日出したばかりのコートをあちこち確かめる。私を通り過ぎる人たちは、あからさまに迷惑そう。あった!コートの後ろのベルトにくっついていた。

思いっきり引っ張って、恥ずかしさといっしょにカバンの中にガサッと入れた。「ね、わたしフツーでしょ」と平然をよそおいながら男性を探した。しかし、もう彼はいなかった。

職場のロッカーで制服に着替えながら、興奮ぎみに後輩にその話をした。「その人、すごいですね」そうなのだ。あそこでわたしに声をかけるメリットは何もない。けれど、彼はあえてそうした。
f:id:kinandun:20151203135030j:image



「いっしょにごはんはいかがですか?」


昼の時間。
職場近くのうどん屋。カレーうどんを注文すると、スタッフの女性が笑顔でこう言った。店内はほぼ満席。わたしに時間をかけているヒマはないはず。それなのに、なぜこの人はこんなこと言うんだろう。2分足らずで出てきた熱々のカレーうどんといっしょに、さっきの女性がさらにこう言った。「熱いので気をつけてくださいね」しっかりとわたしの目を見て。

OLのうどんランチにセットでごはんって。フツーはない。けれど、彼女のあえての行動になぜか惹かれた。ここのうどんは好きだけど、今日はごはんの方がおいしかった。


f:id:kinandun:20151203140226j:image

あえて、何かをする。
  • あえて、注意する
  • あえて、声をかける
  • あえて、ほめる
その先にあるものは何か。

相手への思いやり。

わざと洗濯タグをつけて歩く人はいない。13時過ぎに温玉入り牛すじカレーうどんを頼む人は、たいていおなかをすかせている。そうかもしれないけれど、嫌がられるかもしれないし。断られるかもしれないし。そんなかけひきの後、わたしならあえて言わないを選択する。しかし、今のわたしには言ってくれたことへの感謝の気持ちしかない。


じぶんが傷つかないための人生のかけひきよりも、相手のためにやってみて、次に進める人生にしたい。



師走の空に想う。
f:id:kinandun:20151203203310j:image

あえての行動。
よかったら、みなさんもお試しあれ♡