サル年の女。

人生ってすばらしい。

たのしすぎやろ!『自分のアタマで考える。』〜第2章〜 ちゅうつねカレッジ記録〜

ただいま、この記事に衝撃を受けております。
誰かの言葉を借りるなら、「なんも言えね。」(使い方間違ってますね、ごめんなさい)


昨日から自分のマネージャーになったつもりでいます。

よろしければ、こちらを…
ちょうど、これ↑を思い立って、ちょうど読んでいた本が、ちきりんさんの「自分メディアはこう作る」でした。半年以上まえに購入して、一度読んでいたのだけど、今あらためて読み返すと、「自分のアタマで考えること」の大切さ、いや、楽しさが書かれている。そして、本のさいごの方にある、人気エントリを抜粋した中に先ほどの記事が。

一番つまらないのは、
「Aともいえるが、Bともいえる」
みたいな意見です。

衝撃っ!



おまえはつまらんヤツだ

自分のマネージャーになると決めたのは、自分をプラスの方向に持っていくため。プラスの方向とは、これがわたしの意見です!と言えること。なのに、ぜんぜんできてなかった!むしろ、逆のことばかりしてた!

以下、マネージャー目線で自分を書きます。
うちのマネージャーはけっこう毒舌です。

  • いい子ちゃん
  • 優等生
  • お嬢様
そんなレッテルをうれしがっている。

  • 先生にほめられる
  • みんなからすごいと思われる
  • うらやましがられる
それしか自分を保てない。

  • 嫌われたくない
  • 怒られたくない
  • 笑われたくない
それじゃなんもできんのじゃー!
お前は何者にもなれんのじゃーー!!

はい、すいません…。

ってなワケで、わたしはこんなやつでした。
昨日まであんなにほめまくってたのに。
撃沈。はぁ。

ただ!ここまで言われてしょげてる場合じゃない!結局、意見を対立させることから逃げてばかりじゃ、なんだかなぁ、嫌なことも特にないけど、うれしすぎることもないよね、みたいな人生で終わる。そんなのヤダ!

この記事を書いた、ちきりんさんもマネージャーも、ダメ出しが目的じゃない。意見が対立するのは悪いことじゃない、もっと突き進め!と言ってる。だから、こう考えてみる。

わたしはこう思います、以上!
あ、あなたはこう思うんですね、以上!

どうだろ。

マネージャーの言うとおりにしたら、さっそく失敗。

ってなワケで、

えい!やっちゃえ!の精神でなんでもかんでも思いついたことやってみた。わたしはこう思う!って。そしたらね、

失敗ばっかり!あちゃーー。

調子に乗って、あーだこーだ言ってたら、無視されたり、イラッとされたり。しかし!ここでひるんだら、わたしは変われない!つまらんやつのままだ!だから、こう考える。

今までなら波立てずに、何もおこらない日々。ちょっと動いただけで、こんなに反動が返ってくる!これって、おもしろいんじゃない?人の気持ちを動かす存在になれたんだ。そこから何か始まるって、ぜったい!


もう少し、続けてみる。マネージャーの意見を聞きながら。


迷いながらですが、続けていきます。なんか楽しくなってきたから。わたしはこう思う=自分のアタマで考えるってこと。それができる人が人生をサイコーに楽しめる人だから。そうなりたくて、マネージャー付けたし。

あ、ただね。自分のやりたいことやりまくるってことではなく。こんな気持ちは、忘れてはいけない。


f:id:kinandun:20151128085227j:image

ランチの時間ギリギリまでこんな妄想してた。小走りで職場に戻る途中、どなたかの家の前にみかんが、ポツんと。なんか気になった。素通りする人ばかりだけど、こうやって、ぼく、みかんだよー!って、どんな場所でも言えるようになりたいんだな。うん。


この本、オススメ(マネージャーが読んだらしい。しつこい笑)

自分のアタマで考えよう by ちきりん on iBooks