いつだって、人生はものがたり。

あなたの人生、本にしませんか?

【続】恐怖!主人の誕生日にお風呂から聞こえたナゾのバースデイソング

前編はこちら。

 

 

事件の真相を探る。

翌朝。主人からその話を始めた。
 
「なぁ、やっぱりおふろにそんな設定してるとは思えないんやけど。なんかこわいなぁ」
 
「そうだよね、え、どうしよう」
 
何がどうしようなのかわからないが、そんな答えしかでてこない。だって、聞いたのはわたしだけ。こわいと言われると、余計にミステリーに思えてきた。
 
「やっぱり、今日の夜もう一度二人で聞くしかないな」
 
「うん、そうだね。」
 
互いに神妙になる。
 
バースデイソングの正体はいったい…!?
 
 

ついに事件は解決へ…!

ついに今晩。
 
「ねぇ!今からおふろためるからね!ぜったい聞いといてよっ」
 
「わかった…なんかキンチョーするな」
 
ピッ。
 
いつもは驚くほど早くたまるのに、今日はやけに時間がかかる。いつ鳴るかわからないのに、こんな時に限ってトイレに行きたくなる○| ̄|_
 
「わたしトイレ行きたくなっちゃった!ぜったい聞いといてねっ」
 
「わかった…」
 
主人にまかせたものの、やっぱり気になる。トイレとリビングをつなぐドアを開けたまま、静かに待つ。
 
 
もうすぐおふろがわきます♪
きた!ドキドキ…
 
10秒後。
 
タンタタンタン、タンタン♪タンタタンタン、タンタン♪ハッピーバースデー、ディア、ダンナさん♪ハッピーバースデー、トューユー♪
 
「ほらーーあ!!」
 
トイレから叫ぶ。
 
「ほんまやぁ、なんかうれしい…泣」
 
主人には驚きよりも、うれしさのほうが大きかったようだ。
 
あー、よかった。事件なんかじゃなかった。落ち着いたら、プレゼントがあったことを思い出す。
 
f:id:kinandun:20151122000026j:image
 
お誕生日おめでとう♡
 
 

事件の真相。

うちのおふろには、誕生日設定機能があるようです。二人とも設定したこと忘れてた笑
 
「来年はできればいっしょに聞いてね。またわすれてるかもしれないから」とわたしが言うと、
 
「明日も設定すれば聞けるよ。毎日誕生日にしたらいいやん」と主人。
 
ほんまやな。それもいい。
 
f:id:kinandun:20151122014957j:image

作:妻

 
わたしの字がきたないと言うので、夫にも書いてもらった。
f:id:kinandun:20151122015040j:image
作:夫
 
なるほど。ひとつずつはキレイですね。
性格でてるな。まぁ、お互い味のある字ってことで!
 
毎日お誕生日おめでとう♡