サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

35歳ゆるゆる妊活日記 ~大泣きしたあとは②~

さっきの続きです。

35歳ゆるゆる妊活日記 ~大泣きしたあとは①~ - まいにちワンダーランド

検査台に乗る

この検査台がいやなんです。

カーテン越しに先生の気配。カチャカチャと音を立てる器具。これが嫌で来たくなかった。

でも、がんばらなきゃ。大丈夫。大丈夫。

ふーっと深呼吸。

「これ見えますか~?」と左側の画面を見るよう、うながされる。

「はい、見えます」

「ここが卵巣ですね~。右ですね~」

「はい」

「左ですが・・・」

「え・・・?」

(が、ってナニ?意味はあるの?)

「ちょっと卵が見えませんね~」

「はあ・・・」

今の私の体がどの状態にあるのか、知りもせずに行ったから、卵があるはずだとも思っていなかった。けれど、あるはずのものがないと先生が言っている。

「はい、終わりました。一度外に出て待っててください」

 

見解を聞く

外で旦那さんが心配そうに待っていた。

「あのね・・・」と今聞いたばかりの先生の不安な言葉を伝えようとすると、すぐに旦那さんと診察室に呼ばれた。

中では先生がこちらに背を向けて、顕微鏡を必死に見ていた。30秒後、「はい、ではこれですね・・・」と、さっき見てもらったわたしのおなかの中が画面に映る。見ても良くわからない。いいのか悪いのかわからない。

「これが・・・動いてないですね・・・」

あ、動いてないといけないんだ。

「その原因は、これがちょっと少ないからですね。自覚はありますか?」あぁ、やっぱりわたしのせいなんだ。

「はい、あります。」

「とはいっても、こんな時でも妊娠している可能性はありますから。次はこれとこれを見てみるので、3日~1週間後に来れますか?」と先生。旦那さんの方を振り返ると、いきなりこちらを向かれてびっくりしている。そして、何が起こっているかもわかっていない様子。

「はい。調整してみます」と、とりあえず私が答えた。

 

診察室を出る

部屋を出るときに「お大事に~」と言われ、違和感を感じた。その時は、違和感の原因はわからなかった。けれど、今になって思うと、お大事にって病気の人に言う言葉じゃないのかな。ちがうの?

 血を抜かれた時に看護婦さんが針を刺しまちがえたので、左腕がちくちく痛んだ。それで余計に気がめいった。ふだんはそんなことしないのだけど、旦那さんの肩に頭を預けて会計を待った。

時刻は16時を回っている。それなのに待合所には、まだまだたくさんの女性たち。みんなえらいなぁ。旦那さんと来てる人の方が圧倒的に少ない。どの女性も強く見えたが、どこかで彼女たちから悲壮感をかぎとろうとしている自分もいた。わたしって今、自分をかわいそがってるのかな。

 

車に乗る

外はまだしとしと雨。

旦那さんがタバコを吸う間、助手席でぼーっと待っていた。旦那さんが車に乗り込み、発信。

「どうする~?シュークリームでも食べに行く??」と明るく話しかけてくれる。近くにおいしいシュークリーム屋さんの本店がある。前からそこに行きたい行きたいと旦那さんが言ってた。

「うん、そだね、行ってみる?」と答えた瞬間、目から涙がつーーーっと落ちた。そこから止まらなかった。どんどんどんどん、あふれてくる。旦那さんがすぐに気づいて、

「どうしたの、泣いてるの、かわいそうに」と運転しながら片手を伸ばしてくれる。けれど、旦那さんの方は見ることができずに、ずっと窓の外にを眺めていた。雨はまだ、しとしと降っている。

f:id:kinandun:20151115171608j:plain

 

つづく。