サルに生まれた女の日常。

人生ってすばらしい。

わが家のフンガーマン 言葉の魔法②

わが家はふたり暮らしですが、

たまに、3人になるときがあります。

というか、ひとりが別人に変わります。

 
それは真夜中に起こります。
 
 
(すやすや眠りの中…)
 
 
フガーー!
 
(びくっ!え!なにごと!?)
 
 
フガッ
 
グー
 
フガガー!!!
 
みなさん…
 
 
もうお気づきでしょうか。
 
 
はい、夫のいびきです…
 
 
こうなると、もう手がつけられません。ゆすっても、話しかけてもどうにもなりません。ふだんは、わたしの言うことを何でも聞いてくれる夫なのに、まるで別人。知らないおじさんが隣に寝ているようです。

 
何度、重たいふとんをズルズルひきずり、隣の冷たいリビングでイライラと夜を過ごしたか……
 
 
翌朝の会話↓
 
 
わたし「ちょっとーぉ!昨日、いびきすごかったやん!もー、わたし寝られんかったとよ!きつー。もーう」うだうだうだうだ…。
 
 
夫「ごめんね…」
 
 
彼にも悪気はないのです。
 
 
付き合ってるときは、かわいいなーもう♡なんて思ってたのに、今は、あしたも朝からお弁当作って、フルに仕事して、帰って晩ごはん作らないといけないのにーームキーっ!と、なってました。
 
 
そんな夜が続くとお互いなんだかなー、みたいな気持ちになる。かといって、言わないとストレスたまるし…なんかもっと別の言い方はないかなーと、思いついたのが!
 
f:id:kinandun:20151114180848j:image
 
それからというもの、
 翌朝の会話がこうなりました↓
 
 
「ちょっとーぉ、昨日またフンガーマンになってたよーぉ♡」
 
「え!また?ごめん、ごめん。もうそうなったら起こしていいからさ」

 
よし!
 
 
 
 
その夜、
 
 
フガーッ!
 
(ハッ!またか!イラっ!あ、いかんいかん。)

 
「あのぉ、フンガーマンになってますよーぉ、あのーあのー」

 
(ゆさゆさ、ゆらす)
 
 
「え…ん?あ、ごめーーーん」
 
 
(くるっと寝返り)
 
 
スピースピー♪
 
 
なんということでしょう!(劇的ビフォーアフターのナレーション)
 
 
コトバの魔法を感じた瞬間♡
 
 
言い方ひとつで人は変われるんです。
 
 
お試しあれ♡

f:id:kinandun:20151114193800j:image
フンガーマン イメージ図
夫に似てます。