読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある申女の日々。食べる、寝る、書く、ときどきグチる。

申年です。娘も申年です。母も申年です。三申は縁起がいいですね。見ざる言わざる聞かざるなんてできませんけど。あ、書かざるもできません。

現実逃避してもいいっすか、自分。

夏休みの最後の日みたいだ。夜がせまってくるとさみしくなる。サラリーウーマン三連休さいごの日。

寝る前のトイレではああ、てため息。ってことはやっぱりイヤなんだよな。学校が始まるのもなんかヤだった。でも休みがうれしいのは学校があるから、なんて優等生のわたしは思い込もうとしてた。社会人になった今でも休みがうれしいのは仕事があるから、て言い聞かせようか。

それにしても…。ゆううつ。ひとりで勝手にふてくされちゃったよ。ウザいな、わたし。Facebookでもtwitterでも、やたら「やりがい」「自由」「あなたらしく」に反応しまくるんすよ、自分。

だからといって踏み出す勇気はまだない。机とパソコンとイスが用意されてるあの場所へこれから何年通うのか。50m走を行ったり来たりしてるだけっすね、自分。

先輩、センパイたちはすごいっすよ。自分で道を切り開いて、1人で会社やってるようなもんっすよね。うらやましいと毎日、毎秒思います。いつか、いつかと言い続けて約1年。そろそろ、波に飛び乗りたいっすね。

てなわけで、もう聞き飽きたと思うんすけど、自分のゆめ、聞いてください。ゆめは諦めなければ、叶うんすよね、センパイ!
f:id:kinandun:20151013011630p:image