読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちワンダーランド It is Wonderland every day

いくつになっても悩みはつきない。あーでもない、こーでもないともがく日々。けれど、ちょっと目線を変えればふふっと笑えたりする。それがわたしの不思議の国。if you change your perspective slightly, sometimes it makes you laugh. That is your wonderland.

浜崎あゆみの歌詞が響く件。

会社からの帰り道。駅から家まで徒歩7分。普段は足早なわたし。しかし、今日はとぼとぼ歩く。考えている。何かが違う。このままじゃいけない。このままじゃ、わたしのしたいこと(旦那さんの帰りを笑顔で待ち、体も元気、家もキレイ、仕事もぼちぼち)はできない。ちょっと、欲張りすぎか。でも、こんな生活を送りたいのだ、わたしは。

 

ふと、あるフレーズが思い浮かんだ。

 

ほんとうに大切なもの以外、すべて捨ててしまえたらいいのにね。現実はただ残酷で。

 

浜崎あゆみのDearest。そう、ほんとうに大切なもの。それを守るために働く。だから捨てられない。そんなジレンマを抱えて生きている。他の曲も気になってきた。自宅に戻り、YouTubeを開いた。

 

ただ出会えたことに。ただ愛したことに。思いあえなくてもLalalala・・・忘れない。

Love Destiny。

 

旦那さんと出会う前の恋。恋とは言えなかった。あの思い出があるから、旦那さんと出会えた。

 

思いがどんどんふくらんでくる。もっと聞きたくなる。学生時代にテレビから流れ続けていた曲ばかり。しかし、あの頃はただ聞き流していた。正直、多すぎて飽きていた。15年がたった今になって、心に響いてくる。

もどかしい。せつない。それでも戦うことを忘れない。そんなメッセージが伝わる。そして、きた!

 

怖がって踏み出せずにいる一歩が いつからか長く長い道になって手遅れになったりして そのうちになんとなく今の場所も悪くないかもなんて思い出して なんとか自分に理由つけたりした ほんとはね たったの一度も理解しないままで すべてがわかったフリをしていたんだね 

 

すべてはきっとこの手にある

 

今のわたしの気持ちそのもの。毎日、毎日、じぶんに言い聞かせている。すべては自分次第。一歩を踏み出せ。毎日、毎日言い聞かせている。あゆも、それを聴くわたしたちもみんな同じ気持ちだったんだ。めざす目標は違う。しかし、一歩を踏み出すかどうかは誰にでも平等に与えられた自由。自由だから踏み出せない。自由だから怖い。自由だから先が見えない。誰もが怖がる一歩だから、踏み出した誰かがチャンスをつかめる。さあ、どんな一歩でもいい。踏み出していこう。

 

あゆ、ありがとう。

 

www.youtube.com