読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある申女の日々。食べる、寝る、書く、ときどきグチる。

申年です。娘も申年です。母も申年です。三申は縁起がいいですね。見ざる言わざる聞かざるなんてできませんけど。あ、書かざるもできません。

旦那さんとわたしの時間。

やっぱりテーマはこれしかない。明日は朝活、話し方講座の最終回。自由なテーマを3分で発表。これまでのわたしは、びっちりの原稿を用意して、がちがちの話し方をしていた。映画の話、おすすめグルメスポットの話。どれもまったく伝わらなかった。なぜなんだろう。書くことは得意なのに。

あしたはうまく話せるかなー。不安。考えれば考えるほど、まとまらない。どーしよー泣。よし、意を決して何も用意せず、明日の本番を想定して話してみよう。携帯の録音機能をセット。スタート!

5分後。伝えたいことがわかった。「かっこつけてもしょうがない」これは、旦那さんから教えてもらった。結婚して3ヶ月頃だった。わたしがふと、「周りのこと気にしたり、あいつに勝ちたいって思うのってしょうがないよね」と聞いてみた。すると旦那さんがこう言った。「そうだね、俺は気にすることやめたからな〜」と言った。わたしの頭は一瞬ハテナマーク。「やめた?」「そう。気にするのは仕方ないけど、気にしてる自分を気にするのやめた。」そうかー。わたしはずっと「気にしない方法」があるって思ってた。気にしないようにするには、努力をして、 勉強して、自信を付ければいいと思ってた。違うんだ。まずは気にすることを認めよう。ここがスタートだったのか。

答えはすぐそばにあった。あしたは、これを話そう。旦那さんにあらためて感謝。やっぱり、あなたが一番!