読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある申女の日々。食べる、寝る、書く、ときどきグチる。

申年です。娘も申年です。母も申年です。三申は縁起がいいですね。見ざる言わざる聞かざるなんてできませんけど。あ、書かざるもできません。

3回目の鈴虫寺。

忘れてた。願いを叶えるってこーゆーことだった。

自分にふさわしいかどうか。

そこが大事。

自慢できるとか、かっこいいとか、褒められるとかじゃない。

周りに生かされていること、辛いときこそ笑顔でいること、身をもって体験すること、一度きりの人生だからチャレンジしてみること。その謙虚さを忘れずに、小さな行動の積み重ねが願いを叶える。

当たり前のことなのにユーモアを交えながら住職さんに言われると改めて、納得する。3年前、結婚したくて環境を変えた。京都に来た。一ヶ月後、鈴虫寺に行った。3ヶ月後、主人に出会った。きっと、同じ話を聞いていたはずなのに、今日まで忘れていた。そうか、そうだよね。自分の人生、自分しか生きられないから、周りと比べても何の意味もないんだよね。ほんとにそうだ。成功した人が書いた本を読んでも、そこに答えはない。なぜなら、五感で感じた直感のようなものを言葉にするのは難しいから。

鈴虫寺の住職さん、ありがとうございます。新しいお札をいただきました。ここから新しい3年が始まりそうです。

直感を言葉にする。いつか、そんな小説家になりたいです。その前に、今日主人とふたりでお地蔵さんにお願いしたことを叶えますね。また伺います。