読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある申女の日々。食べる、寝る、書く、ときどきグチる。

申年です。娘も申年です。母も申年です。三申は縁起がいいですね。見ざる言わざる聞かざるなんてできませんけど。あ、書かざるもできません。

出会いはふわふわと、そこに浮いてるもの

出会いは不思議。なんとなく気になる。なんとなく好き。そのなんとなくってとっても大切。そんな人が近くにいたら、そっと近づいてみよう。そうすれば、なぜじぶんの が気になったかが、わかるから。


 
今日は、先週はじめて参加した女子会で出会ったひとりの女性とはじめてのお食事。女子会で隣に座ったのがきっかけ。わたしからFacebookで友達申請したところから、話がはずんだ。

 
3月は仕事の影響で休みが少ない。それでもまた会ってみたい、と思った。眠い体を押して、遅めのランチ。
会った瞬間、パッと花が咲いたように笑顔で手を振る彼女。じぶんの話よりも、わたしの仕事の悩みを聞き出そうとしてくれる。同郷の親近感も後押しして、話がはずむ。あっという間の2時間半。

 
別れ際には、わたしの悩みは明るい未来への希望に変わっていた。出会いって不思議。きっと手を伸ばせばふわふわと漂っているもの。でも目に見えない。手にとったかどうかもわからない。でも、そこに何かありそう。そう思ったら、その方向に行ってみよう。通り抜ければ、かぶっていたベールがはがれ、見たかった世界の入り口が待っているかもしれない。
f:id:kinandun:20151205115537p:image