書くとはトイレにいくようなものである。

書く理由をことあるごとに宣言してきた。 なぜなら、書くことはとてもツラく、ないものをしぼり出すようなことだから。それでも奮い立たせるため、なぜ書くのかをじぶんに言い聞かせ続けてきた。 ところが、その考えが大きく崩れた。 書くことは、トイレにいくようなものである 始めると、とめられない 終えたあと、とても…